keiko_frenchのブログ・父ちゃんブログ

犬舎の様子を お知らせしています(父ちゃんのブログ)  フレンチブルドッグ・パグ・柴犬・・・30頭

2009年04月

賢斗(ケント)♂ ・フレンチブルドッグ

d820cff0.jpg


ミルクと数日違いで誕生したケントも 父親はコジローです。

スーパーワンとして在犬した頃と、今は大違いで
母違いのトーラとは また違った筋肉の スプリンター、
骨格がコジローに良く似ていますが筋肉は母犬譲りです。

男犬にしては優しい眼、トイレをし終った場所は避けて歩くなど
トーラとは違った面があるので 犬舎としては今後の楽しみが
倍増する事となりそうです。

クリーム色の毛先がわずかにカールして、オシャレな感じに見えます。

今後はトーラと共に 犬舎の柱となってゆくでしょう。



美瑠久(ミルク)♀ ・フレンチブルドッグ

7972e777.jpg


仔犬の頃はコロコロして可愛いと言われていましたが
十分に育った結果は 優しく美しい顔と 
小ブタちゃんの様な身体になりました。
母犬の血統は 当犬舎として絶対に必要としていたものでした、
父親はコジローですから、今後の変化が楽しみです。

物事に動じない・人間にもコビを売らない、
マイペース型の性格を演じていますが 本当は人間大好きで
どの犬とも 仲良く遊んで楽しんでいます。
そろそろハードなトレーニングとダイエットを併用して
ウエストを強調したい、と思っていますがー期待できます。

クリーム色の毛は 背線が濃くなってきていて
皮膚が強そうな体質、黒目が大きく爪も黒で 精鋭に見えます。



樹希(キキ)♀ ・パグ

cf67842f.jpg


在犬しているコナツの子の中では 最年少、
黒パグとしては大型で手足も大きく 母をしのぐ大きさです。

理解力が高いのは母似で 大きく違うのは
穏やかで優しい性格のところです。

ケント・ミルクよりお姉さんになりますが
仲良しグループとなって一緒に走り回り、
俊足を生かしては、逃げる役に徹しながら 
楽しんで遊んであげています。

今後は犬舎の中心的存在となり、
立派な一本の柱になってもらえるとの、期待が掛かっています。



豊姫(ヒメ)♀ ・柴犬

f60972cc.jpg


現在のスズに プロポーション・目つきが良く似た直子です。
 
お腹の中で育っている時期の、母親の精神状態が、
子供に表われる、と言われる通り、
DNAの他に環境の違いも影響することの 証明的な存在です。

フレンチブルドッグのトーラや、パグのコハルとは仲の良い親友同士ですが
外部からの侵入者や不審な動きには敏感に反応し 吠えたりうなったりして
番犬の仕事も立派に行い、飼い主に忠実な柴犬らしい面を持っています。




千代女号(チヨメ)♀ ・柴犬

46d2dc0e.jpg


母オトメの体型・骨格は理想的ですが
毛質については 意見が分かれるところでした。
オトメの子を作出するに当たり、はりのある毛質と渋い赤を期待して
黒毛の雄犬を選び、生まれたのが チヨメとリュウノスケです。
想像通りの毛質と毛色で、母に似た体型が引き継がれました。

人間が大好きで 吠えて騒ぐ事はほとんどありませんが
番犬としては、欠点かもしれません。
呼ばれるとすぐ反応し、寄ってくるので
家庭犬として好まれるタイプでしょう。

祖母のスズとは違った系統ができて バリエーションが広がりました。



龍之介(リュウノスケ)♂ ・柴犬

8f949f25.jpg


 オトメの子で チヨメと同胎です。

 頭部がしっかり大きく、胴が少し詰まった現代的な体型は
 ドッグショー等に 向いているでしょう。
 しかし、アジリティー競技や 実際に野山を素早く駆け回る時に
 それが欠点となる事もあるので 好みが分かれるところですが
 なんといっても 毛質と毛色の素晴らしさで、玄人に受けています。

 自由時間、庭では パグの仔犬とフレンチブルドッグの人気者で
 柴犬としては珍しく 一緒に遊んであげる優しい面を持っています。



茶々(チャチャコ)♀ ・パグ

c1320b6e.jpg


カンタローと同胎のコナツの子です。
父犬の美しい頭部のシワを引き継いでいて、
体型は女犬らしい安産型です。

臆病な性格で 常にカンタローと一緒に居たがり
カンタローを困らせますが カワイイ面が多く
人間に抱かれるのが大好きで、みんなを喜ばせるイヤシ系です。
家庭犬としては、チャンピオンです。



勘太郎(カンタロー)♂ ・パグ

f573a8ff.jpg


黒パグコナツの息子で コマサの弟分です。
父犬は 頭部のしっかりしたシワの深い、パグらしいフォーンで
在犬のチャチャと同胎です。

フォーンのパグとしては 全てに均整がとれていて
骨太の四肢は ガッチリした身体をしっかりと支えています。

スポーツ性も抜群の能力があり、
いざという時にはすばやい動きが出来ますが
皆と遊んでいる時には おなじ位のスピードと力しか出さない
優しい面があり 仔犬や女犬にも人気があります。

今後は、コマサと共に パググループの柱となってもらいます。



小桃(コモモ)♀ ・パグ

b83993b3.jpg


お茶目でヤンチャで楽しい子。
居るだけで 周りが明るくなってくる様な性格の持ち主です。

体型はコウメと似ていますが 顔の形、シワ等が違うので
はっきりと、判別できます。

見た目とちがって、動きが機微なので
いたずらを仕掛けては、さっと逃げていく
なかなかの策士で、頭脳的プレーヤーです。  



小梅(コウメ)♀ ・パグ

bcbfcb19.jpg


静かで目立つ行動をとらない 落ち着いた性格の女犬で
コナツの長女です。

2008年に子供を産みましたが 初産を心配していた我々を尻目に 
30時間もかけた自然分娩で出産するなど、 
マイペースなところは母親とそっくりですが 
顔・体型は、まったくの父親似です。

両親の良い所だけを受け継いだ 美形で頭の良いオトナ犬になりました。
今後、パググループの中心になり、活躍してもらえると信じています。


小春(コハル)♀ ・パグ

61e39ef8.jpg


コナツの初産で生まれた黒パグの中で、生まれた時から小さくて
母乳を吸う力が少なく 哺乳瓶のミルクで育ったのがコハルですが
小さいながら、一度も病院通いをした事が無いのは、
初乳ミルクをたっぷりと飲んだせいでしょうか。

犬舎内ではアイドル的存在で どこへでもフリーパス、
柴犬グループ、フレンチブルドッググループの中へも
自由に加わって遊ぶ事が出来るのは コハルだけです。
特に柴犬のテツリュウとは、大の仲良しです。

母のコナツ、兄のコマサは黒パグとしては大型で 
それに比べると ミニチュアのようですが、
3頭の顔写真を並べてみると、見分けが付かないほどよく似ています。

いつまでも 皆のアイドルとして可愛がられてほしい存在です。



 

小政(コマサ)♂ ・パグ

c4ae085e.jpg


黒パグとしては骨太で、ガッチリ型、体重も12kgある大型で、
顔のシワ、耳付き等も理想的です。
眼が小さめで飛び出していないので、怪我などしにくいのが特徴、
ラフに外出や散歩が出来る 野性的行動派タイプです。

性格はマイペースで 集団行動はあまり好まず、
こうときめたら即実行する頑固な面があり、男犬らしいマッチョ型です

母犬の小夏は、柴犬と本気でケンカをするほど短気な面がありますが
子供達の性格は まったくその逆で穏やかなのが不思議です、

コマサには、黒パグの柱として活躍してもらい、
多くの子孫を残してもらいたいと考えます。



虎(トーラ)♂ ・フレンチブルドッグ

231e56ba.jpg


父犬のコジローはクリーム色、母犬はタイガーブリンドルのケリー、
いつも母を忘れないよう 母の気性と毛色を名前に付けられました。

父犬・母犬共に 筋肉質で無駄な肉が付かず、
あばら骨が太く大きいタイプですが、そっくりトーラに受け継がれています。
鋭くつり上がり気味の眼は母、口元は父に似ています。
両親の良いとこ取りをして、想像通りに育ちました。

現在は犬舎の中心的存在になり 後輩犬達の世話をしたり
ムサシの手伝いをしながら、楽しく生活していますが、
ドアのガラスを割って唇を切ったり、洗濯物を転がして泥だらけにしたりと
多少軽率な面があります。

病院へは ワクチンを接種しに行くときだけという 健康優良犬、
今後は、父コジローのDNAを引き継いだ主役として 活躍していくでしょう。



徹龍号(テツリュウ)♂ ・柴犬

d4778ec0.jpg


母犬はスズ、性格・目つき・尾の形もちがい
本当に親子なのかと疑いたくなるような面が多いテツリュウです。

仔犬の頃のエピソードに、他犬と出会ったとき尾を下げた事に対して
“シェパードみたいだネ”といわれた事があります、
その後 厳しいトレーニングの甲斐もあって 立派な巻き尾になりましたが
しかし 目つきはやさしいままで、子供、仔犬に対しては、
守らなければーといった意識が特に強くあるようです。

これから交配を多く考えていますがショーよりも、家庭犬として
求められる要素を多く表すタイプが 誕生しそうです。

柴犬のオスとしては、大型ギリギリのサイズです。



豊乙女号(オトメ)♀ ・柴犬

a7fa706c.jpg


スズの長女ですが、体型毛色などは そっくり父親似で
母犬に似たところがまったく無いのは、不思議です。

やや小型で均整が整っているのは 現代の柴犬として、好まれる処でしょう

在犬している柴犬の中では、おとなしくて
ケンカをしたことが無い 平和主義者ですが、
ヒート中は別で、娘の千代女も側に近寄れない位ですから
生殖本能が強い表われなのかと、考えます。
同胞姉妹には 気性が荒く、ドッグショーで大活躍の妹がいるので
DNAの引継ぎの不思議を感じます。

安定した子出しをしてくれるので、出産時の心配はまったく無く
今後も 立派な仔を残してくれる事と期待しています。





豊富美号(スズ)♀ ・柴犬

32fee978.jpg


父親は 徹嵐号、祖父は市徹号、
兄妹は徹錦、徹姫と 名血を受け継いでいます。

犬舎では オトメ、テツリュウ、ヒメ、の 母犬となって、
益々勢力を広げている現在です。

当犬舎には 大柄なスズと小型の柴が 一緒に入舎したのですが
大人犬になるにしたがって 悪ふざけではなく 
本気で噛み合うケンカをするようになったために、
小型の方は知人宅へ養子に入り、家族の一員として大切に育てられています。
当犬舎に残ったスズは、柴犬グループだけではなく 
全体をまとめる女ボスとして成長しました。

立派な男犬との交配を3度、出産・子育ても完璧で
期待以上に、素晴らしい子孫を残しています。

現在は 悠々と生活を楽しんでいる様子ですが ヒートが近づくと
ソワソワして「私の出番?」といった顔をして、元気一杯です。
この血統の特長として 犬同士には激しい性格を見せますが
人間には 穏やかで、フレンドリーな面を持っているので
家庭犬として 受け入れやすいでしょう。
柴犬全体に言える事ですが、病気とケガに強いのも
日本の風土に ぴったりあっているという事です。


桂里(ケリー)♀ ・フレンチブルドッグ

dcca27cb.jpg


タイガーブリンドルの鮮やかな アメリカン娘。
骨量十分で 筋肉質な彼女は 全身バネかと思わせる程の動きを見せる
スポーツ選手のようです。

公園や街中でも タイガーブリンドルはお洒落で
気取って歩くと、人目を引きます。
独占欲が強く、甘えん坊で名前を呼ばれると
照れながら 近寄ってきます。

2006年に母親になりましたが 息子がオトナになっても
いまだに、守り続けようとする過保護な面もあり
他犬種とのケンカも多く 生傷が絶えません。
少々わがままで、お転婆だということです。
優しさが強いコジローとの相性は、息子に見事に表れています。



武蔵(ムサシ)♂ ・フレンチブルドッグ

d51da15a.jpg


ブリュッセルのデラパル犬舎にて 生後7か月迄育てられた後
長旅をして 当犬舎に来ました。
誕生してから60日目に、元気な様子を写真と文章で 
デラパル犬舎のホームページにて知らされましたが
それは、成犬になった時の体型が すでに想像できる状態でした。
200日以上 十分に育てられた結果、健康で、ドッグショーに
そのまま参加できる体型で 日本に到着したのです。

父親は ゾウセダヤ、祖父たちは、サラムーチ、ウモー、ハンフリーボガード
トラサルディー、オマール、コロネルプラン と、歴代名犬の血を
一直線で引き継いでいます。
血統書名の“ブルジョア”は、資産等を引き継いだ者 という意味で
デラパル犬舎としては、門外不出といわれている血筋です。

当犬舎での彼は、仔犬たちに耳をかじられても 女犬のヒステリーにも
じっと耐えるリーダーですが、いざという時は、先頭を切って
仲間を守ろうとする、勇敢な性格の持ち主です。

骨量は有り余る程のもので、伴った筋肉は 
バランスよく、素晴らしく発達しています。
毛質も ビロードのような感触で 
ヨーロッパフレンチブルドッグの 本来の形だと思います。

 

小夏(コナツ)♀ ・パグ

80acfedf.jpg


小太郎の長女で、2006年に母犬となりました。
子育てが上手で 産んだ子を均一の大きさにするテクニックを持っています。

犬舎で活躍しているパグ犬は、コタローと小夏が中心となり
この犬種の短所となっているところを消し、
長所を大きく引き出すように 努力を重ねた結果となっています。

ボスの陰に隠れながら 相手を威嚇する癖があり、
食欲は 当ケネル一番、食後は常に 不満そうな顔をしています。
出産は マイペースの自然分娩、
産後の回復も早い、健康優良犬です。


亜里(アリ)♀ ・フレンチブルドッグ

1d3b9e87.jpg


デラパル犬舎(ベルギー)のエゴイストという名の父親を持つ彼女は
ショートボディーですが、グラマーで骨量十分、
タイガーブリンドルが 鮮やかです。
性格は 活発で甘えん坊、仔犬たちには優しく
名前を呼ばれると 一直線に走り寄ってくる 素直さです。
ドッグショーに出場した事はありませんが、デラパルの、
そして父親の 良いところを総て受け継いでいます。

小次郎(コジロー)♂ ・フレンチブルドッグ

f5ef9b7e.jpg


ドッグショーにおいて、数多くのBOBを獲得しましたが
特筆すべきは その歩様の素晴らしさです。
構成、全体のバランスが 整っているからこそ
リズム・テンポが調和したものとなっているのでしょう。

クリームのフレンチには珍しいくらい、色素の強さと骨量を誇っていますが
待望の後継犬も 理想的なラインブリードで、その子達は
親父を凌ぐ 頼もしさです。



  

小太郎(コタロー)♂ ・パグ

dbf53049.jpg


2006年秋に母犬が、2007年には父犬が、
共に満17歳で亡くなりましたが 
長寿の家系に生まれ 娘も孫達も健康で、ショードッグとして また、
後世にその血筋を多く残す等、全員元気に活躍しています。

大家族の まとめ役であり、長となる小太郎の 役割は大きく
重要であると共に 期待されるところです。



    

俺の出番 ・黒パグの小政

0073d003.jpg

やっと、順番が回ってきたぞ~、

犬舎は大所帯だから、毎日散歩ってな訳にはいかないけど
きょうは お父さんと一緒に、お出かけなんだ!

海の見える 啄木小公園、
風が そよそよと気持ち良くって
思いっきり 潮の香りを吸い込んだ、
イ~~~イ 気持ちだなー 



c5c19448.jpg

ベンチの上で 決めポーズ。

俺って かっこよすぎる?

そばにいた 若い娘が 
俺の事 可愛いっ! て、言ってたけど
カワイイって、女に言う言葉だよネェ・・・・
俺は 渋い男前って、言って欲しかったなー



月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ