keiko_frenchのブログ・父ちゃんブログ

犬舎の様子を お知らせしています(父ちゃんのブログ)  フレンチブルドッグ・パグ・柴犬・・・30頭

いか刺し

函館イカとサクラ


函館のイカに関わる3姉妹です ステキでかわいいです
いかー1
 

函館の名物にもなっているイカ とくに6月の時期にはイカが食べたいと観光の方々が大勢きます
何故 函館のイカが旨いかについては 昨年・昨昨年にも紹介していますので

『 しばらく顔を見せないので心配したんだよ 』と3姉妹が迎えてくださったのは
富田商店 50年以上も続くイカ専門店で現在は従業員3名でキリモリしている
鮮度と切り方で 味と食感がこれほど変わる食材は他にない と思います
写真の3名 実は親子なんですが 最近は父親の顔がみれないのが少し淋しいが
しっかり研ぎあげたイカさきを使って 美味しい刺身を食べさせて下さい お願いします


     いかー2


6月1日がイカ漁の解禁で お皿に乗っているものの半分位の大きさだったんですが
今が最高でしょうか あと1ヶ月するとビール瓶位になる事もありますが また違う食べ方もできます
昨年は不漁だったんですが 今年は沢山とれているとの事なので 
しばらくは美味しいイカにありつけそうです


さくら


ニオイを嗅ぎつけたんでしょうか 
サクラちゃんが里帰りしていたので お父さん・お母さんと副園長とミルバさんと私
皆で近くの海で昼食ピクニックに出かけました
もちろんイカとマグロそれとエビ 津軽海峡で採れた刺身だが 何故かザンギ(鳥のからあげ)が
あったんです 
『 なんだそれは 』の封じ手で パイナップルのデザートが並べてあるんです
あきらかに副園長の計画犯行です  でも全部美味しくいただきました
ただしサクラちゃんとミルバさんは美味しい味無し固焼きビスケットのみでした

ホームページより入りフレンチブルドッグコーナーをご覧になると 
 楽しい写真が満載です



最後まで見ていただき ありがとうございます
ブログのランキングに参加しています
ポチッ、ポチッ、ポチッと クリック お願いします

     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  人気ブログランキングへ  


いかの味 函館のあじ


富田鮮魚店 いか一筋に60年

_DSC1649

いかソーメンなる言葉を聞いたのは 私が25歳の頃だった
札幌産まれ 札幌育ち ススキノは子供の頃からの公園みたいな感覚での遊び 場だっただろうか
基原さんと言う寿司屋が 鮭のイクラ醤油漬けを冷凍する事に成功していた頃の事だった
ソーメンは切り口が直角よりも鋭くなっている 活きの良いいかを切ると似たような切り口になる事から
いかソーメン と言ったのでは? 外れてはいないような 気がする

松前盛 と函館式さしみ これも いか通 と言われる人の中でもさまざまな事が言われるところだ
簡単に説明すると 本体に対して切る方向と 包丁の使い方が違います
キャベツの千切り方式で松前盛いかソーメンとなり
切れ味鋭い先端部を使って切り裂き美しく並べる函館さしみとなります
めんつゆに生姜等を薬味にして勢い良く食べるも良し
濃い口しょうゆに少しだけつけて いか独特の甘味を感じるのも旨い

いかも時期・時期で味に変化があるのでとっても楽しめるんです
現在の函館近郊 津軽海峡はイワシが多く いかにとっては 絶好のエサとなっていますので
大きくなるのが速く 味はわずかに ほろ苦い甘味を感じて食通を唸らせていますが 
今月末になると さらに身が厚くなり 脂がのった甘味を感じさせてくれます

函館の超一流旅館の板長曰く
あの人にはかなわない 命をかけているからと言われる 名人は
いか一筋に半世紀の時をかけている
幸せな事に 食べたい時に小さなクーラーボックスを持っていくと 私と妻の二人分を丁寧に入れてくださる
二人の娘さんはしっかり下ごしらえや 忙しい時には包丁を持つ事が多くなっている
私が市場に入ると遠くから手を振ってくださる 犬のおじさーん
私は二人の娘さんが大好きです もちろん名人と呼ばれるおばさんの事も好きです
犬舎にもどってクーラーボックスを開けると さしみ以外にもおみやげが沢山入っているんですから
函館に来たら 是非本当のいかを味わって下さい。 

_DSC1651
 

DSC_7232
 
おいしそう 私にもいか刺しちょうだい。


ホームページより入り
フレンチブルドッグコーナーをご覧になると 
 楽しい写真が満載です



最後まで見ていただき ありがとうございます
ブログのランキングに参加しています
ポチッ、ポチッ、ポチッと クリック お願いします

     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  人気ブログランキングへ   



月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ